[モバイル版]
東京ディズニーランド
東京ディズニーシー
混雑予想カレンダー
【Disney Colors別館】
TOPページへ
東京ディズニーランド
2011年8月
混雑予想カレンダー
1 2 3 4 5
6
7
D
D
D
D
D
D
D
8 9 10 11 12
13
14
D
D
C
C
C
C
B
15 16 17 18 19
20
21
B
B
C
C
D
D
D
22 23 24 25 26
27
28
C
C
C
C
C
D
B
28 29 30 1 2
3
4
D
E
F
F
F
D
D
[2011東京ディズニーランド]
1月2月3月4月
5月6月7月8月
9月10月11月12月
全て晴れの日を前提とした人気アトラクションの平均スタンバイ時間
F⇒〜60分
E⇒60〜90分
D⇒90〜120分
C⇒90〜150分
B⇒120〜180分
A⇒150〜210分
S⇒180〜240分

主な休止施設
8月19日〜9月3日
ホーンテッドマンション

8月31日〜9月2日
魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”

4月15日〜9月3日
ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ

混雑予想関連情報
7月8日〜8月31日
クール・ザ・ヒート

7月8日〜8月31日
ディズニーキッズ・サマーアドベンチャー

7月8日〜8月31日
キャンパスデーパスポート

7月8日〜8月31日
キッズサマースマイルキャンペーン(小人半額)

ショー・パレードの待ち具合、混雑の傾向
1.全体
 8月は夏休み期間ということで、平日も土日も同じ程度の混み具合になります。中旬のお盆期間をピークにその周辺は混雑します。パーク内はとても暑いですし、人も非常に多く、またけっこうな距離を歩くため、熱中症等には十分気をつけて体調を管理をしっかりとしてください。

2.期間別の混雑予想
(1)上旬
 7月中に比べると多少混雑してきます。また、お盆期間に近づくほど混む傾向にあります。土日・平日とも同じくらいの混み具合になるので、特に休み等は意識しないほうがいいと思います。

(2)中旬
 近年のお盆期間は以前に比べるとそれほど混まない傾向にあります。ここ3年間は制限もかかっていません。混み具合としてはやはりかなり混みますが、3月・GW・ハロウィン・年末といったピーク時と比べるとまだマシです。

(3)下旬
 お盆の反動でいったん空いたあと、最後の土日に向けてやや混雑します。最終日の31日は空いています。

(4)各種割引パスポートについて
 今年はキャンパスデーパスポートに加えて、小人は半額となるキャンペーンが行われます。例年キャンパスデーパスポートは7月中で終了でしたが、今年は震災の影響による大幅な入場者数の減少があることから8月中も販売されます。さらに、小人が半額となるキャンペーンも実施されます。
 震災の影響からパーク運営再開以降、例年に比べて非常に空いており、夏休みも例年より空くと思われますが、夏休みにこのような学生・子供向けのキャンペーンがあることから絶叫系を中心としたアトラクションの待ち時間は少し長くなるかと思われます。
3.ショーの待ち状況
 夏イベントについてですが、当初予定されていたパイレーツ・オブ・カリビアンをテーマにした夜間プログラムは震災の影響により中止となりました。そのため、ランドは昼に例年どおり「クール・ザ・ヒート」、夜はリニューアルした「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」のみになります。そのほかにはパイレーツ・オブ・カリビアンに関連した小さなイベントがいくつかありますが、下記のイベント情報などの参考記事からご覧ください。
⇒「クール・ザ・ヒート」については前方のキッズエリアの大きさが日によって変化するようになりました。これにより、土曜日や連休などは非常に広い範囲がキッズエリアとなるため、後方の一般エリアは非常に狭くなり、30分前くらいに行かないと城前では見ることができません。お盆など非常に混雑する日はもっと早く行かないと厳しいです。さらに、30分以上前から立って待たされるので、熱中症に注意してください。
 エレパレのほうはリニューアルがされたからといって初日以外は特に混雑するようなことはないと思います。1〜2時間前であれば最前列で見れるでしょう。詳しいショー待ち状況は夏イベント開始後にインレポにてお伝えしますので、ブログの最新情報をご覧ください。
※ショー待ちに関しては熱中症等に十分注意してください。炎天下の中待たなくてはならないため、かなり危険です。

URLをメールで送る
TOPページへ
Copyright (C) 2012 Disney Colors All Rights Reserved.Since 2008.07.22