[モバイル版]
東京ディズニーランド
東京ディズニーシー
混雑予想カレンダー
【Disney Colors別館】
TOPページへ
東京ディズニーシー
2011年4月
混雑予想カレンダー
28 29 30 31 1
2
3
4 5 6 7 8
9
10
11 12 13 14 15
16
17
18 19 20 21 22
23
24
25 26 27 28
29
30
1
F
F
E
F
[2011東京ディズニーシー]
1月2月3月4月
5月6月7月8月
9月10月11月12月
全て晴れの日を前提とした人気アトラクションの平均スタンバイ時間
F⇒〜60分
E⇒60〜90分
D⇒90〜120分
C⇒90〜150分
B⇒120〜180分
A⇒150〜210分
S⇒180〜240分

主な休止施設
なし

混雑予想関連情報
なし

ショー・パレードの待ち具合、混雑の傾向
1.全体
 基本的に4月は空いている時期になりますが、現在、過去にない休園を挟んでの営業再開ということで、長期的な予想が非常に難しくなっています。再開後の実際の混雑状況をもとに出来る限り正確な予想をお届けしようと考えています。そのため、今後予想を修正していく可能性があります。来園される方は定期的にこちらのページを参照することをオススメ致します。

2.再開後のパーク運営と混雑予想について
(1)再開後のパーク運営
 ディズニーシーでは28日から再開となりますが、10周年イベントは延期となりました。もっとも、夜のハーバーショー「ファンタズミック!」、ドッグサイドステージショー「テーブル・イズ・ウェイティング」、新グリーティング施設「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」は28日からスタートとなります。夜の花火「ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ」は社会情勢を考慮して休止となっています。

(2)全体の傾向
 ランドはすでに再開していますが、閑散期よりも空いていてガラガラという状況です。ここまで空いていると夜間営業が再開したとしてもすぐに混雑するようなことはほぼないと思います。しかも、ランドのみの営業でそのような空き具合ですから、シーが再開すればなおさら混雑することはないでしょう。
 このようなことから全体の入場者数はかなり落ちると思われますが、10周年のメインショーでもあった「ファンタズミック!」は行われますし、他にも新ショーや新グリーティング施設のオープンもあり、私をはじめとする年間パスポート所持者のような常連の方の注目度は非常に高いです。再開後はこのショー目当てに多くの方が集まると思います。
 以上のことから、全体の入場者数が減る分、アトラクションの待ち時間はかなり減ると思いますが、ショーやグリーティング施設に関しては非常に混雑すると思われます。

(3)GW期間について
 29日からGWが始まり、30日・1日と休日で、2日は平日となります。例年、GWの前半期間はまだそれほど混雑しません。特に初日は空いています。今年は上記のとおり入園者数は減少すると考えられるので、29日はGWの中ではアトラクションを楽しむには狙い目だと思います。もっとも再開後、最初の休日ですのでショー関連は常連の方でかなりの混雑が予想されます。

 
3.ショーの待ち状況
 「テーブル・イズ・ウェイティング」はリニューアルはされるものの過去に行われたものの再演ですので、初日と最初の休日(29日)を過ぎれば次第に空いてくると思われます。ただ、観賞場所が狭いため、混雑は必至です。
 一方「ファンタズミック!」のほうはハーバー全体で行われるため、観賞スペースは非常に広いですが、かなり注目されているショーなので、こちらも混雑が予想されます。初日はリドアイルや石垣など人気の場所は開園から待つ方がいると思われます。多くの方はテーブルorグリーティングに行ってから、ミシカの後にそのまま待つ流れになると思います。初日以降は落ち着いてくるかと思いますが、良い場所で見るには2〜3時間前を目安にしたほうがよいかもしれません。

URLをメールで送る
TOPページへ
Copyright (C) 2012 Disney Colors All Rights Reserved.Since 2008.07.22