[モバイル版]
東京ディズニーランド
東京ディズニーシー
混雑予想カレンダー
【Disney Colors別館】
TOPページへ
東京ディズニーシー
2011年9月
混雑予想カレンダー
29 30 31 1 2
3
4
B
C
E
F
F
F
E
5 6 7 8 9
10
11
F
E
E
E
F
D
E
12 13 14 15 16
17
18
D
E
E
E
E
E
B
19
20 21 22
23
24
25
D
D
F
D
C
D
E
26 27 28 29 30
1
2
D
E
E
E
E
E
D
[2011東京ディズニーシー]
1月2月3月4月
5月6月7月8月
9月10月11月12月
全て晴れの日を前提とした人気アトラクションの平均スタンバイ時間
F⇒〜60分
E⇒60〜90分
D⇒90〜120分
C⇒90〜150分
B⇒120〜180分
A⇒150〜210分
S⇒180〜240分

主な休止施設
4月28日〜9月3日
ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ

混雑予想関連情報
9月4日〜3月19日
東京ディズニーシー10thアニバーサリー“Be Magical!”

9月5日〜11月30日
首都圏ウィークデースペシャルパスポート(平日限定)

ショー・パレードの待ち具合、混雑の傾向
1.全体
 今年は震災の影響により休園していたことから、シーハロウィンが休止となり、シー開園10周年となる9月4日から10周年イベントがスタートすることになりました。
 当初はハロウィンイベントの影響が大きいと考え、ハロウィンのないシーのほうはランドよりも空く傾向にあるのではないかと考えましたが、新ショーのファンタズミックが非常に好評であることに加えて、夏休み中にメディアでも大きく取り上げられていることから、夏休み以降客足の戻りはじめた東京ディズニーリゾートでは、シーも混雑しています。ですので、平日は例年どおりランドよりシーのほうが空いていると思われますが、地方客が多く来園する休日はシーのほうが混雑することになると思われます。

2.期間別の混雑予想
(1)シルバーウィーク前
 例年9月の連休シルバーウィークの前、今年で言えば9月17日より前はそれほど混雑しません。もっとも、10周年イベント初日の9月4日や次週の土日は新ショーに関してはかなりの混雑が予想されます。アトラクションはそれほど混まないでしょう。
 なお、9月〜10月は運動会・体育祭・文化祭などの学校行事により月曜が代休となるところが多いため、月曜は混みます。中旬からその影響が出始めるので、注意が必要です。

(2)シルバーウィーク
 今年は17〜19日と23〜25日の3連休が2回となっています。シルバーウィークは近年できたものですが、その傾向としては前半が非常に混雑し、後半はあまり混まないというかんじになっています。
 このような例年の傾向からすると最初の3連休は非常に混雑し、後の3連休も混雑はしますがそれほどではないでしょう。また、連休明けの20日や26日は上記のように代休の関係から混雑が予想されます。

(3)シルバーウィーク後
 シルバーウィーク後からはいよいよハロウィンの混雑がはじまるというかんじになりますが、今年もハロウィンがないとはいえ、この時期から混雑しはじめると思います。まだ10月に比べるとマシですが、9月中としてはかなり混雑してきます。

(4)首都圏ウィークデースペシャルパスポートの影響
 今年は震災の影響で、特に平日はかなり空いている状況が続いていることから、首都圏で平日限定の割引パスポートが販売されることとなりました。もっとも、例年この時期では首都圏向けに割引パスポートがいつも販売されているため、これがあると混むというわけではなく、例年と変わらない混雑に収まると思われます。

3.ショーの待ち状況
 10周年イベントではじまる新ショー「Be Magical!」についてはかなり長時間待つ必要があります。東京ディズニーシー10th Anniversaryグリーティングショー「Be Magical!」鑑賞ガイドを作成してありますので、そちらをご覧ください。
 夜のショーは「ファンタズミック!」が公演されていますが、こちらはキレイに見れる場所が非常に限られているため、これを目当てにされている方はこちらの鑑賞ガイドを読んでから行ったほうがよいです。
 9月はシーでもハロウィンが開催されるようになった2009年から「ナイトハイ・ハロウィーン」というハロウィン限定の花火がありましたが、今年はシーハロウィンが中止となったため、花火は通常バージョンで行われます。

URLをメールで送る
TOPページへ
Copyright (C) 2012 Disney Colors All Rights Reserved.Since 2008.07.22