[モバイル版]
東京ディズニーランド
東京ディズニーシー
混雑予想カレンダー
【Disney Colors別館】
TOPページへ
東京ディズニーシー
2011年11月
混雑予想カレンダー
31 1 2
3
4
5
6
D
E
E
D
C
C
E
7 8 9 10 11
12
13
D
E
E
E
F
C
C
14 15 16 17 18
19
20
C
D
E
E
E
C
C
21 22
23
24 25
26
27
C
D
C
E
E
B
C
28 29 30 1 2
3
4
D
F
F
F
F
D
C
[2011東京ディズニーシー]
1月2月3月4月
5月6月7月8月
9月10月11月12月
全て晴れの日を前提とした人気アトラクションの平均スタンバイ時間
F⇒〜60分
E⇒60〜90分
D⇒90〜120分
C⇒90〜150分
B⇒120〜180分
A⇒150〜210分
S⇒180〜240分

主な休止施設
11月7日〜11月18日
マーメイドラグーンシアター

11月4日〜11月6日
ビッグバンドビート

混雑予想関連情報
9月4日〜3月19日
東京ディズニーシー10thアニバーサリー“Be Magical!”

11月7日〜12月25日
クリスマス・ウィッシュ

9月5日〜11月30日
首都圏ウィークデースペシャルパスポート(平日限定)

ショー・パレードの待ち具合、混雑の傾向
1.全体
 11月はクリスマスイベントがスタートし、ハロウィン時期後半の勢いそのままに混雑する月になります。クリスマス時期の特徴としてはハロウィンの時期のように平日がひどく混むということはあまりなく、土日を中心にかなり混雑します。休日に行く方は混雑を覚悟したほうがよいでしょう。

2.期間別の混雑予想
(1)クリスマスイベント前
 今年のクリスマスは7日からスタートとなります。かつてはハロウィンとクリスマスの間の期間は空いていると言われていますが、近年はそのようなことはなく、特に1〜3日は非常に混雑します。3日が祝日となっていることもありますが、この時期に文化祭や学園祭が集中するため、その代休により平日でもアトラクションは非常に混雑します。土日もそれなりに混むのでこの期間は空いているとは考えないほうがよいでしょう。

(2)クリスマスイベントスタート後
 クリスマスイベントスタート後は土日を中心に非常に混雑します。特にシーのほうはランドに比べて道幅が狭いこともあり、歩くのもかなり大変なほどの混雑になります。アトラクションも非常に混雑するのでこの時期に行くのであれば混雑を覚悟したほうがよいでしょう。

(3)首都圏ウィークデースペシャルパスポートの影響
 今年は震災の影響で、特に平日はかなり空いている状況が続いていることから、首都圏で平日限定の割引パスポートが販売されることとなりました。もっとも、このパスポートの影響はあまり出ているとはいえず、特に混雑する要素とはなっていません。

3.ショーの待ち状況
 今年のシーのクリスマスショーは昨年と同じ「クリスマス・ウィッシュ」と今年初めて行われる「クリスマス・ラップド・イン・リボン」がメインになります。
 まず、「クリスマス・ウィッシュ」は抽選制のショーなので、運にかけるしかありません。やはり夜回のほうが人気が高いです。
 もうひとつの「クリスマス・ラップド・イン・リボン」は昨年の「セブンライツ・オブ・クリスマス」の公演場所を変更し、10周年バージョンにしたものです。こちらは1日2回公演で、しかも午前中だけです。リドアイルで行われ、入れ替え制となりますが、昨年大混雑となった「セブンライツ・オブ・クリスマス」よりも公演回数が少ないことから、大混雑は必至です。初回はミラコスタ組もいるため開園直後に締め切り、また2回目も非常にはやく締め切られます。土日はリドアイル内で見るだけでも非常に厳しいと思ってください。2回目でさえも開園30分で締め切られることがあります。とにかくこのショーを見たいなら他のことは一切考えないで、このショーだけを目指してください。何時間も前から開園待ちをするくらいの気合いが必要です。
 夜のショーは「ファンタズミック!」が公演されていますが、こちらはキレイに見れる場所が非常に限られているため、これを目当てにされている方は東京ディズニーシー「ファンタズミック!」鑑賞場所ガイドを読んでから行ったほうがよいです。バケパ席・オチェーアノのテラス・キッズエリアなども網羅しています。

URLをメールで送る
TOPページへ
Copyright (C) 2012 Disney Colors All Rights Reserved.Since 2008.07.22