[モバイル版]
東京ディズニーランド
東京ディズニーシー
混雑予想カレンダー
【Disney Colors別館】
TOPページへ
東京ディズニーランド
2013年2月
混雑予想カレンダー
28 29 30 31 1
2
3
E
F
F
F
E
D
D
4 5 6 7 8
9
10
E
E
F
F
E
D
B
11
12 13 14 15
16
17
D
D
E
F
F
D
D
18 19 20 21 22
23
24
D
D
C
C
D
C
C
25 26 27 28 1
2
3
D
C
D
D
D
C
D
[2013東京ディズニーランド]
1月2月3月4月
5月6月7月8月
9月10月11月12月
全て晴れの日を前提とした人気アトラクションの平均スタンバイ時間
F⇒〜60分
E⇒60〜90分
D⇒90〜120分
C⇒90〜150分
B⇒120〜180分
A⇒150〜210分
S⇒180〜240分

主な休止施設
1月23日〜2月21日
空飛ぶダンボ

1月29日〜3月14日
スプラッシュ・マウンテン

2月26日〜3月13日
白雪姫と七人のこびと

1月7日〜2月28日
 ミッキーとミニーのポリネシアン・パラダイス

1月15日〜3月22日
 ワンマンズ・ドリームU−ザ・マジック・リブズ・オン

2月18日〜2月28日
 ホースシュー・ラウンドアップ

混雑予想関連情報
1月4日〜3月15日
キャンパスデーパスポート

ショー・パレードの待ち具合、混雑の傾向
1.全体
 2月からはいよいよ本格なキャンパスデーによる混雑がはじまります。この時期は入場者数だけ見れば空いている時期になるためショーはかなり空いていますが、入試休みとキャンパスデー効果により客層のほとんどが学生となるため絶叫系を中心としたアトラクションが混雑します。もっとも、キャンパスデーの効果が顕著に出るシーに対して、ランドのほうはアトラクション数も多く、異常なほどの混雑にはなりませんし、絶叫系以外のアトラクションに関してはまったく混みません。
 なお、カレンダーには入試情報を記載していますが、これ以外にも私立の入試や他県の入試もあるため、毎日が混雑すると思ったほうがいいです。また、この時期の閉園時間と休止アトラクションはよく確認してから行くようにしてください。

2.期間別の混雑予想
(1)1日〜17日
 まず、2月の頭は私立中の入試が集中する日となるので、2月に入ったあたりから急にアトラクションが混み始めてきます。
 そのあとも私立高校の入試がありますし、大学はすでに休みとなるところも出てくるため、次第に混み始めますが、17日あたりまではランドはそれほど影響は出てきません。

(2)18日〜28日
 18日を過ぎてくると次第にキャンパスデー効果により絶叫系のアトラクションを中心にかなり待ち時間が長くなってきます。この時期は県立・都立高校の入試などもありますし、他にも休校や休みとなる要因が多いため、学生が非常に多くアトラクションがとにかく混みます。この時期は年間でもっとも混雑する3月に向けてどんどんと混んでくるので、1〜3月に行くのであればとにかく早めに行くのがポイントです。

3.ショーの待ち状況
 2月は入場者数自体が少なく、ショーやパレードは非常に見やすいです。何時間も前から待つ必要もないですし、座り見の列もかなり少なくなるので、立ち見でも近い位置で鑑賞が可能です。

URLをメールで送る
TOPページへ
Copyright (C) 2012 Disney Colors All Rights Reserved.