[モバイル版]
東京ディズニーランド
東京ディズニーシー
混雑予想カレンダー
【Disney Colors別館】
TOPページへ
東京ディズニーランド
2013年5月
混雑予想カレンダー
29
30 1 2
3
4
5
C
E
D
B
B
A
A
6
7 8 9 10
11
12
B
E
E
E
D
D
C
13 14 15 16 17
18
19
E
E
D
E
D
A
C
20 21 22 23 24
25
26
D
D
D
E
E
C
D
27 28 29 30 31
1
2
B
D
D
E
D
C
D
[2013東京ディズニーランド]
1月2月3月4月
5月6月7月8月
9月10月11月12月
全て晴れの日を前提とした人気アトラクションの平均スタンバイ時間
F⇒〜60分
E⇒60〜90分
D⇒90〜120分
C⇒90〜150分
B⇒120〜180分
A⇒150〜210分
S⇒180〜240分

主な休止施設
5月13日〜5月30日
カリブの海賊

5月30日〜6月17日
モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

5月13日〜5月30日
ブルーバイユー・レストラン

混雑予想関連情報
4月15日〜3月20日
東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・イヤー”

4月3日〜7月12日(平日のみ)
首都圏ウィークデースペシャルパスポート

ショー・パレードの待ち具合、混雑の傾向
1.全体
 5月はやや混雑してくる時期ですが、それでもまだまだ空いていると言えます。ただし、ゴールデンウィークは5月頭の連休がピークですし、5月下旬からは学校行事の代休で月曜日が混雑してくるようになるので注意が必要です。

2.期間別の混雑予想
(1)ゴールデンウィーク
 今年のゴールデンウィークは3〜6日の4連休になります。
 まず、ゴールデンウィークの合間の平日は例年かなり混雑します。みなさん空いているのを狙って平日に来るせいか、4月終わりの休日よりも混雑する場合もあるので、注意が必要です。今年の場合は30〜2日が平日で、3〜5日に比べれば空いていると思います。もっとも、ムリに平日に行くよりは連休最終日で毎年ガラガラとなる5月6日に行くほうが空いていると思います。
 そして、ゴールデンウィークの本番ですが、毎年ピークは5月の連休の前半にくるので、今年は4日>5日>3日>6日の順に混雑すると予想しています。ピーク時には制限の可能性もあるので、十分な準備をしてください。6日は他の日と比較にならないほど空いているので、行くなら6日がオススメです。特に6日は午後からどんどん空いてきます。

(2)中旬
 例年ゴールデンウィークの直後は反動でかなり空いている日が続きますが、今年は新アトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のオープンもあり、30周年イベントとの相乗効果でやや混雑しそうです。

(3)下旬
 5月の終わりから、土日に学校行事が集中する時期になるため、今度は代休となる月曜日が非常に混雑します。もともと月曜日は他の平日に比べると混雑しますが、この時期は日曜日より混雑することも珍しくないので、特に27日は注意したほうがいいでしょう。

3.スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
 昨年4月から休止なっていた「スター・ツアーズ」がリニューアルして5月7日にオープンとなります。もともと非常に回転効率の良いアトラクションで、入園制限レベルの日でも最大45分待ち程度にしかならないアトラクションです。リニューアル後もその回転効率の良さは維持されているようなので、土日は60〜120分程度まで伸びるかもしれませんが、少なくともスプラッシュ等の既存人気アトラクションよりはずっと短い待ち時間になるでしょう。
 もっとも、オープン日に関しては熱狂的なファンも多いため、非常に混雑しそうです。同じく非常に回転効率の良い「カリブの海賊」もリニューアル時には180分を記録したため、このアトラクションもその程度の待ち時間まで伸びる可能性があります。

4.ショーの待ち状況
 30周年イベント「東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・イヤー”」は「ジュビレーション!」に変わる新デイパレード「ハピネス・イズ・ヒア」が行われるのみで、普段の季節イベントよりも小規模です。30周年関係のショーやパレードはこれしかないことにないため、非常に混雑しています。最前列で見るには平日でも2時間、土日は3〜4時間程度確保したほうがよいでしょう。

URLをメールで送る
TOPページへ
Copyright (C) 2012 Disney Colors All Rights Reserved.