[モバイル版]
東京ディズニーランド
東京ディズニーシー
混雑予想カレンダー
【Disney Colors別館】
TOPページへ
東京ディズニーランド
2013年6月
混雑予想カレンダー
27 28 29 30 31
1
2
B
D
D
E
D
C
D
3 4 5 6 7
8
9
B
E
E
E
D
B
C
10 11 12 13 14
15
16
C
E
E
F
E
C
D
17 18 19 20 21
22
23
D
E
E
E
E
C
B
24 25 26 27 28
29
30
D
E
E
E
D
B
C
[2013東京ディズニーランド]
1月2月3月4月
5月6月7月8月
9月10月11月12月
全て晴れの日を前提とした人気アトラクションの平均スタンバイ時間
F⇒〜60分
E⇒60〜90分
D⇒90〜120分
C⇒90〜150分
B⇒120〜180分
A⇒150〜210分
S⇒180〜240分

主な休止施設
5月30日〜6月17日
モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

6月18日〜7月12日
スペース・マウンテン

混雑予想関連情報
4月15日〜3月20日
東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・イヤー”

6月24日〜7月7日
七夕のプログラム

4月3日〜7月12日(平日のみ)
首都圏ウィークデースペシャルパスポート

ショー・パレードの待ち具合、混雑の傾向
1.全体
 6月は春イベントの期間でゴールデンウィークを除けば、もっとも混雑する時期になります。中旬がピークですが、雨が多い割に他の日も混雑します。また、学校行事の代休が多い6月前半の月曜日や県民の日など、祝日がないわりに注意しなければならない日が多い月です。

2.梅雨について
 6月は梅雨なので、梅雨入りのデータ(確定値)を参考にしておくとよいです。平年は6月8日、2012年は6月9日、2011年は5月27日、2010年は6月13日、2009年は6月3日です。
 6月は雨に左右される月です。雨の日は空きますが、晴れる日は混むと考えてください。特に土日の一方が雨で他方は晴の場合は晴の日は集中的に混みます。上の混雑予想カレンダーは全て晴れの日と仮定しての予想になるので、天候による混雑までは予想していません。ですので、そのあたりはここで述べたことを参考に上の予想から+あるいは−という形で考えてください。

3.期間別の混雑予想
(1)上旬・中旬
 6月に入ると全体的に少し混雑してきますが、特に注意しなければならないのが月曜日です。5月の終わりから6月の上旬にかけて学校行事が集中するため、月曜日はその代休で混雑することが多いです。

(2)下旬
 近年は6月の最後の土曜日に制限がかかるほど混雑することが多いです。加えて今年は七夕イベントを2週間やるため、6月下旬からスタートとなります。そのため、6月下旬の土日に行く方は混雑していると思って十分な準備をしたほうがよいのではないかと思います。一方平日は6月のピークを過ぎるため、それほど混雑しません。あとは上記のように天気による影響が大きいので、特に土日のどちらかが晴れでどちらかが雨になるような日は注意が必要です。

4.ショーの待ち状況
 30周年イベント「東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・イヤー”」は「ジュビレーション!」に変わる新デイパレード「ハピネス・イズ・ヒア」が行われるのみで、普段の季節イベントよりも小規模です。30周年関係のショーやパレードはこれしかないことにないため、非常に混雑しています。最前列で見るには平日でも2時間、土日は3〜4時間程度確保したほうがよいでしょう。
 まだ現段階では七夕プログラムの詳細が明らかになっていないため、どのような形になるかわかりませんが、例年と同じであれば、2分ほどで通り過ぎる非常に短いパレードです。例年だと土日でも30分ほど前であれば十分見ることができますが、今年は「ハピネス・イズ・ヒア」と合わせて待つ方が多いかもしれないので、その場合は長時間待つ必要があるかもしれません。ショースケジュールを見てからこちらも更新します。

URLをメールで送る
TOPページへ
Copyright (C) 2012 Disney Colors All Rights Reserved.